心の声を聴くことでうつ病を防ぐ

こんにちは。今回のテーマは、「心の声を聴くことでうつ病を防ぐ」です。

新型コロナウイルスにより世の中や社会情勢は大きく変化しました。
その中で「コロナうつ」という言葉もよく聞こえてくるようになりました。

製薬会社ファイザーのデータには、このようなうつに関するデータも出ています。
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2020/documents/20200316.pdf

  • うつ病の推定人数は500万人(日本人の15人に1人は生涯 に1度うつ病を経験)
  • 自殺の原因の2割は、うつ病などの気分障害が原因
  • うつ病患者さんの5人に3 人は医療機関を受診していないという実態あり

また近年では厚生労働省も取り組むべき課題として挙げている「5大疾病」。
がん・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病に加え、精神疾患を取り上げています。
これほど国としては喫緊の課題として捉えていると言えます。

誰でもそしていつでもなる可能性のある、うつ病という病気。

また昔はよく「心が弱いからうつ病になるんだ」という意見もありました。
実際のところどうなのでしょうか。

答えはNOです。

むしろこれまで自分に無理をして、忍耐強くしてきた。
我慢してもさらに我慢を重ねてきたからこそ、うつ病になる。
そういう方が実際は多いです。

ですので、むしろ「精神力の強い人こそ、リスクが高い」と言えます。

ではどのようにうつ病を予防したり、対策をしたりしていけば良いのでしょうか。

うつ病とは?

うつ病とは

  • 気分障害の一つです。一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといった精神症状とともに、眠れない、食欲がない、疲れやすいといった身体症状が現れ、日常生活に大きな支障が生じている場合、うつ病の可能性があります。
  • 気分障害の中には、他に双極性障害などがあります。

厚生労働省 知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス総合サイト より

うつ病の場合、自分で自覚できるとは限りません。
自分の心や体の変化に気づけず、知らないうちに無理をしてしまっているケースも多いです。

うつ病は適切な治療をすると改善に向かう病気です。
ちょっと様子がおかしいなと感じるときは、専門医に相談するのが望ましいと思います。

でも自分で気づけない場合、どうしたら良いのでしょうか。

その場合は周りの方に気づいてもらう必要があります。
また普段から自分の心や体と向き合い、変化を感じ取るセンサーを立てておく必要もあるでしょう。

ではそのセンサーの感度を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか。

うつ病はときに体の症状として出る

実はうつ病の症状は、心の症状として出てくるばかりではありません。

体と心はつながっています。
一見関係ないような体の症状も実は心のSOSかもしれません。

このような症状、心当たりありませんか?

胸の痛み、過呼吸発作、手の震え、声が出ない、吐き気、食欲の減退、冷や汗、めまい、頭痛、
胃痛、胃潰瘍、下腹部痛、動悸、眼痛、肩こり、腰痛

本当に人によって出てくる症状は、実に千差万別。
様々な症状を出して心は体を使ってSOSを出しています。

とはいえ普段からこういう体の症状には悩まされる方、いらっしゃるのではないでしょうか。

覚えておいていただきたいこと。
それは、こういうサインは体ではなく、心のサインであることが多いということです。
そしてこういう症状が出たときには、「これは何のサインなのだろう?」と問いかけること。

一旦立ち止まって考えたり、心の声を聞いたりすることが大切です。

心の声を聴くために遮っているもの

ここでは体と心、そして頭について説明をします。
そうすることで、自然と心の声を聴くのを遮っているものがお分かりかと思います。

普段あなたの頭の中に、こんな声がめぐっていることはありませんか?

  • 「明日までの資料、今日作成して上司に提出しなきゃ。」
  • 「昼間にスイーツを食べたから、今食べると太るに違いない。やめておこう。」
  • 「夜中の12時を過ぎたから、寝る時間だ。もう寝る方が体にも良い。」

これらの声は、心の発する声ではありません。
これは頭から発せられている言葉と言われています。

では頭はどんな役割をして、どんな声を私たちに投げかけているのでしょうか。

頭の役割とは、

  • 主に理性の場であり、コンピュータのような働きをする。
    ここでは記憶、計算、比較、分析、推測、論理思考などの作業が行われています。
  • 頭はよくmustやshouldという言い方をするのが特徴です。
    「〜すべきだ」「〜してはいけない」「〜ねばならない」などです。
  • 頭は、過去や未来を取り扱うことを得意としています。

私たちの多くは、普段の日常生活の中で理性によってコントロールされています。
それ自体は悪くなく、むしろ人として必要とされる部分です。

ただ頭に多くを乗っ取られすぎると、心の声を聴くセンサーが鈍ってきます。
そして結果的にどんどん知らない内に無理をしてしまい、心と体のバランスを崩していくのです。

心の声を聴くためには

では心の声を聴くためにはどうしたら良いのでしょうか。
まずは、心の働きについてご説明します。

心の働きとは、

  • 感情、欲求、感覚、直観が生み出される場です。
  • 心はもっぱら「現在」に焦点をあてて「いま・ここ」が得意です。
  • 心が使用する言葉は、want toやlikeといった言葉で、「〜したい」「〜したくない」「好き」「嫌い」などです。

ではどうすれば心の声に敏感になれるのか。

まずはこの頭と心の構造や仕組みの違いを理解すること。
そして、心の声である「〜したい」「〜したくない」という声を聴くこと。

この2つが特にポイントであると思います。

日々こうした心の声を敏感にキャッチし、満たすこと。
そして過去や未来ではなく、「いま・ここ」を感じられる瞬間を増やすこと。

こうすることで、うつ病を防ぐことができるのみならず、日々自分らしく伸び伸びと生きられるようになります。

 

いかがでしたか。「心の声を聴くことでうつ病を防ぐ」について今回はご紹介しました。

今回ご紹介した「うつ病を予防する方法」が、すべての物事にあてはまるわけではありません。
体や心の症状によっては、適切な医療機関やカウンセリング等が必要な場合もあります。
その際は専門医療機関等にご相談ください。

より豊かな人生を歩むために、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

カウンセリングの最新記事8件