『ついやってしまう』を止めるには

こんにちは。enoar代表 りかです。
今回のテーマは、「『ついやってしまう』を止めるには」です。

みなさんは普段生活するなかで、こんなことありませんか?

  • ついカッとなって怒鳴ってしまった。
  • つい気づいたら甘いものに手が伸びている。
  • ついうっかり忘れ物をしてしまった。

この「つい」というのは言い換えると「無意識に」ということですよね。
「つい」「うっかり」「気づかずに」。誰でも1度は経験あるのではないでしょうか。

今回は「無意識」についてご紹介しながら、「つい」やってしまうことを止める方法についてご説明します。

「つい」=「無意識」である

ついつい気づかずうちに、自然とやってしまうこと。誰だってありますよね。

それは言い換えると「無意識に」やっていることだとも言えます。

「無意識」とはいったいどういうものなのでしょうか。「無意識」は「意識できていない状態」「自分では気づいていないこと」とも言えます。

「無意識」を定義したフロイトという精神学者は、『精神分析入門』という書籍の中で、こう説明しています。
「無意識」とは「自分では認識できていない抑圧されている意識のこと」

他にもこんなことも言っています。

動機が不明な行動や思いつき、ささいな言い間違い、夢などもすべて無意識が原因である。

自心の中に抑圧された感情や願いが「つい」という行為につながっているということだそうです。

先程の例でいうと、こういう感じでしょうか。

  • ついカッとなって怒鳴ってしまった。= (心の願い)本当は相手に自分の気持ちを理解してほしかった
  • つい気づいたら甘いものに手が伸びている。=(心の願い)眠いから休みたい、脳をリフレッシュさせたい
  • ついうっかり忘れ物をしてしまった。=(心の願い)本当は行きたくないな

これはあくまで一例ではあります。しかし実は心の中に抑圧している自分の本当の願いや気持ちに気づくことで、無意識からの脱却ができるかもしれませんね。

「無意識」にやっていることをやめる方法

「じゃあどうやったら「つい」やってしまうことをやめられるの?」
そんな声も聴こえてきそうな気がします。いくつか方法をお伝えしますね。

「無意識」で行っている行為自体に意識を向けること

まず「『つい』やってしまっている瞬間に気づく」ということです。
どういうふうにするかと言うと「あ、やってしまっている自分がいるな」と感じてもらうだけでOKです。

まずは「気づく」こと、つまり「無意識」を「意識化させる」ことが大切です。
そうすることで、脳が意識をし、その出来事にスポットライトを当てはじめます。

頻度はどのくらいあるのか、どういうときに「つい」やってしまっているのかなど、なにか意識をすることで見えてくることがあるかもしれません。

本当はどうしたいのかを、自分の心に聞いてみること

次にしてほしいことが、「本当はどうしたいの?」という言葉を自分に投げかけることです。
そうすると何か自分の中から言葉が聴こえてくることがあるかもしれません。

「ちょっと疲れてるよ」や、「違うことが気になっているよ」など自分の声に耳を傾けてほしいなと思います。

もちろん「何も聴こえない…」という場合もあるかもしれません。
それもそれで自分の大切な気持ちです。そっと受け止めてあげてください。

大切なことはあくまで今まで「無意識」にやっていたことにスポットライトを当てることです。

どうか自分を責めないで

そしてもう一つお伝えしたいことが、「つい」やってしまう自分を責めないであげてくださいということです。
もしかしたら「つい」やってしまうことは、自分の中で「できたらやめたいなと思っていること」かもしれませんね。

けれどその行為も自分の中の願いや価値観があってのことです。
きっと何か大切な意味があることなのです。だからこそ「つい」やってしまう自分も大切にしてあげてくださいね。

 

いかがでしたか。「『ついやってしまう』を止めるにはどうしたら良いのか」について今回はお話しました。

今度はenoarのセッションでお会いできることを楽しみにしております。